トップイメージ

自動車重量税、略して重量税という税金は、国産車や外国の車という自動車の生産国やプラグインハイブリッド車、ハイルーフ車という自動車の形に全て同じでホンダやクライスラー、などにも変わりなく負担が必要なものです。

新車を登録するさい、もしくは車検を受けるさいに支払う税金なのです。

この支払額はそれぞれの自動車のウエートによって定められています。

「自動車重量税」と「自動車税」を比べると全然違うものですからきちんと学んで混同しないようにしなければなりません。

「自動車重量税はクルマの車重で」「自動車税とはクルマのリッター数によって」税額が違います。

そして、売却の時の待遇も違ってきますし、注意しなければなりません。

中古車を売却するときには既に納めた金額がいくら残っていたとしても、その税金が戻ってくるということはないのですが、一方自動車税でしたら、支払った額を査定額に乗せてくれる場合がなくはないですが、重量税の時は上乗せされるといったことはなかなかないでしょう。

重量税についてはどれだけ既に納付した税額が残存しているからと言って中古車買い取り店でそのことが材料になるケースは少ないものなのです。

ですから次の支払い、つまり車検まで処分を待ち売るという手段がベターでしょう。

中古車の売却の際は還付の対象にならないのが重量税ですが例外的な場合では還付していただける可能性があります。

これにあたるのは、車検が残っているクルマを廃車にしてしまう場合です。

要するに抹消登録をすると、残存期間に応じた額が返ってきます。

ですが中古車引き取り時はその自動車が廃車になるのとは違うので戻ってきません。

そして、愛車の名義の変更をした場合や盗難被害に遭った場合も返金してもらうことはできません。

重量税の残存期間があるクルマを手放すことは車検の効力が残っているクルマです。

そのことを買取店も考慮しますから、重量税の残存期間があれば少しは査定額が増えるはずです。

当然売却額は買取業者によりまちまちなのですが車検の効力がまだあることが考慮されれば手放す車の買取金額と比べるとそんなに払い損と考えることもありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.vinylwallartblog.com All Rights Reserved.