トップイメージ

自動車重量税、略して重量税という税金は国内メーカーの自動車あるいは外車という車の国や電気自動車、セダン等自動車の形状に関係なく、たとえばマツダやポルシェ、などにも一般的に納めることが必要な税金のことをいいます。

新車登録をする場合、もしくは定期的にある車検の際に支払うお金です。

その支払金額はそれぞれのクルマの重さによって決められています。

「自動車重量税」と「自動車税」を比べると完全に異なる概念ですから、きちんと理解をして間違えないようにしなければなりません。

「自動車重量税とは自動車のウエートで」「自動車税というものは自動車の排気量により」その金額が異なります。

そして、買い取りの時の扱われ方異なってきますから、注意しなければなりません。

クルマを買い取ってもらう際には支払い済みの自動車の税金がいくら残っていた場合でもその税金が返還されることはありませんが、一方自動車税の時は、支払い済みの額を買取金額に乗せてくれることがなくはないですが、重量税に関しては上乗せになる事例はあまりありません。

重量税については車を売るときに支払った税額が残存していると言っても業者側でその事実が配慮されることはまずないのです。

そのためその次の支払いつまり次回の車検まで待ってから手放すというのが一番良いと思います。

自動車の買い取り時は還付の対象にならない重量税ですが特定の事例だと返還される可能性があります。

それは車検の効力が残っている自動車を廃車として処理するケースです。

廃車登録をすれば、残っている車検期間に応じた額が還付されます。

ですが中古車の引き取りの時はその車が廃車になるのとは違うので返ってきません。

さらに、手放す車の名義変更をした時や、盗難被害に遭った場合も返還してもらうことはできません。

自動車重量税が残っているクルマを手放すということは車検が残っている中古車ということです。

それを買取側も忖度しますから自動車重量税の期間が残っていれば買取金額は上乗せされるでしょう。

当たり前ですが、買取金額は店舗により変わりますが車検の効力がまだあるということを計算に入れてもらえば手放す車の買取額と比較するとそれほど割に合わないということもありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.vinylwallartblog.com All Rights Reserved.